看護師求人~看護師が転職を考えるときの理由ベスト7~

看護師は転職率が多い仕事だと言われています。ここでは、看護師が転職を考えるときの理由ベスト7をご紹介しましょう。

【第1位】「仕事に見合う給与を貰えてない」と感じたときです。看護師の仕事は身を粉にして勉強をして国家資格を取って就職した仕事です。さらに業務内容は決して楽ではありません。 「厳しい業務内容に相当する正当な報酬が欲しい!」と思った瞬間に転職を考えます。

【第2位】「勤務している時間が長い」と感じたときです。「二交代制」や「三交代制」や「夜勤」など変則的な勤務を強いられて思うような勤務時間にならないケースが続くと不満が爆発します。 自分が思うような時間に仕事ができる職場を求めて転職を決意する看護師が増加しているのです。

【第3位】「肉体的に厳しいな」と感じたときです。想像以上にハードな仕事で毎日の業務で疲弊してしまいます。バーンアウトして耐えられなくなってしまう看護師が多いですから体調を崩す前に転職するのが一番です。

【第4位】仕事でミスをしてしまったときです。常に緊張感を持って仕事をしなければならない医療現場でミスをしてしまうと精神的なストレスは相当大きいです。そのミスが原因となってしまって職場にいずらくなり転職するケースもあります。

【第5位】結婚・出産・育児・親の介護に直面したときです。これは看護師に限ったものではないですが、看護師は出産や育児にはシビアに考えます。育児をしながら看護師をするのは難しいです。 一度、退職してお子さまの手が離れたら再就職するパターンが多いでしょう。

【第6位】人間関係に悩んでしまったときです。医療現場で最も大切なコミュニケーションにトラブルを抱えたら致命的です。これだけは中々自分だけの力では解決できず壁にぶちあたってしまい転職を考えてしまいます。

【第7位】看護師のやりがいを感じられなくなったときです。看護師の仕事をしている人はやりがいがあるから働いている人が多いです。そういった気持ちに沿わない看護業務をしていたら嫌になってしまいます。

以上、看護師が転職を考えるときの理由ベスト7をご紹介しました。