看護師求人~看護師が転職を考えるときの理由ベスト7~

看護師は転職率が多い仕事だと言われています。ここでは、准看護師が求人を探すときの理由ベスト7をご紹介しましょう。

【第1位】「仕事に見合う給与を貰えてない」と感じたときです。看護師の仕事は身を粉にして勉強をして国家資格を取って就職した仕事です。さらに業務内容は決して楽ではありません。 「厳しい業務内容に相当する正当な報酬が欲しい!」と思った瞬間に転職を考えます。

【第2位】「勤務している時間が長い」と感じたときです。「二交代制」や「三交代制」や「夜勤」など変則的な勤務を強いられて思うような勤務時間にならないケースが続くと不満が爆発します。 自分が思うような時間に仕事ができる職場を求めて転職を決意する看護師が増加しているのです。
公益社団法人岐阜県看護協会

【第3位】「肉体的に厳しいな」と感じたときです。想像以上にハードな仕事で毎日の業務で疲弊してしまいます。バーンアウトして耐えられなくなってしまう看護師が多いですから体調を崩す前に転職するのが一番です。

【第4位】仕事でミスをしてしまったときです。常に緊張感を持って仕事をしなければならない医療現場でミスをしてしまうと精神的なストレスは相当大きいです。そのミスが原因となってしまって職場にいずらくなり転職するケースもあります。

【第5位】結婚・出産・育児・親の介護に直面したときです。これは看護師に限ったものではないですが、看護師は出産や育児にはシビアに考えます。育児をしながら看護師をするのは難しいです。 一度、退職してお子さまの手が離れたら再就職するパターンが多いでしょう。

【第6位】人間関係に悩んでしまったときです。医療現場で最も大切なコミュニケーションにトラブルを抱えたら致命的です。これだけは中々自分だけの力では解決できず壁にぶちあたってしまい転職を考えてしまいます。

【第7位】看護師のやりがいを感じられなくなったときです。看護師の仕事をしている人はやりがいがあるから働いている人が多いです。そういった気持ちに沿わない看護業務をしていたら嫌になってしまいます。

以上、看護師が転職を考えるときの理由ベスト7をご紹介しました。

看護師からCRAとして活躍する方法

CRAとは「Clinical Research Associate」の略で臨床開発モニターとも呼ばれています。 治験に関する仕事を担当することになるので、臨床開発に関する仕事をしたいという方は検討してみるといいでしょう。

似たような仕事としてCRCという仕事もあるのですが、CRCは被験者となる患者のケアをし、CRAは治験全体を支えたり、サポートするといった役割を持っています。

どちらも看護師資格を活かして働ける職業なので、気になる方は比較をしたうえでどちらを選ぶか考えてみてはどうでしょうか。

CRAになるにはどうすればいいのかというと、特別な資格は必要ありません。 求人サイトをチェックし、CRAの求人を見つけたらそこに応募するというのが一般的な流れです。

ただ、看護師資格を持っていると医療に関する様々な資格を持っていることが証明されるわけなので、何の資格も持っていない人に比べると有利になると言えるでしょう。

注意しておかなければならないことは、初めてCRAという仕事に挑戦しようと思っている場合には職場探しに苦戦するケースが多いということ。

CRAはどのような資格を持っているか?ということよりも、CRAとして働いた経験はあるか?ということを重視するからです。

まだCRAとしての経験がないためになかなか雇ってくれるところが見つからないということであれば、先にCROとして経験を積んでみてはどうでしょうか。 CROとは、「Contract Research Organization」の略で、受託臨床試験実施機関です。

製薬メーカーが行う治験に関する業務を代行したりする機関のことなのですが、製薬メーカーのCRAと協力しながら仕事をすることもあります。 そのため、CRAの仕事を間近で勉強することもできるでしょう。

製薬会社の中にはCRAの数を増やせないといった理由から仕事をCROに委託しているところも多いので、CRAとして雇ってもらえなかった場合も諦めずにCROでの採用を目指すのがおすすめです。

介護施設での仕事

看護師が活躍できる職場はたくさんありますが、介護施設もそのひとつです。 特にここ数年は高齢化が進んでいるということもあり、介護施設での看護師の需要は高まっています。

看護師といえば病院で働くイメージが強いかもしれませんが、介護施設での仕事内容は病院とは大きく違うということを知っておかなければなりません。 病院で働く看護師は、患者さんの治療に関するサポートを行うことになります。

ですが、介護施設というのは治療をする場ではなく、日常生活を送る場所なのです。 そこでの看護師の主な仕事といえば、高齢者の方が快適に過ごせるように健康状態を見守るということ。

介護施設で生活している方に異常があった場合は、看護師としての知識を活かして迅速に対応をしなければなりません。バイタル測定やインシュリン注射、吸引や胃ろう管理などの簡単な医療行為、施設の衛生管理などを担当することになります。

介護施設というと入浴やトイレのサポートも行うと考えていた方もいるでしょう。ですが、こういった仕事は看護師ではなく介護スタッフの仕事です。

人手が足りていない介護施設であれば看護師も看護スタッフと同じような仕事をすることになりますが、業務内容が明確に分かれている介護施設もあります。

介護施設で働きたいと思っているのであれば、まずは自分がどの施設で働きたいのかをよく考えておきましょう。介護施設といっても様々な種類がありますよね。

まず、特別養護老人ホームというものがあります。こちらは公共の老人ホームとなり、在宅での介護が難しい65歳以上の方が生活をしているのですが、費用が安い分入居待ちの人数が多いというのがデメリットです。

重度の方が優先して入居できるということもあり、要介護度4~5といった人がほとんどとなります。当然ながら看護師としてやらなければならないことも多いので、経験を積んだ人でなければ難しいでしょう。

それに比べると有料老人ホームは様々な介護度の方がいるので、公共老人ホームで働く自信がないという方は有料老人ホームを選択するといいでしょう。 他にも介護老人保健施設やデイサービス施設などでの求人もあります。